トレードしてて思うことは、ちょこちょことお駄賃的な小遣い稼ぎはだいぶできるようになってきたけれど、流れを見て手を動かすことがまだできていない。師匠の教えに従うこと、利確と損切りのポイントをきちんと決めること、決めたなら余計なところで手を動かさないことを心掛けねば。

トレードの回数だけでみると勝率は7割くらいらしいが、ラッキーパンチ的なものも含むので、実のある勝ちトレードができるように精進しようと思ったおさるトレーダーのつぶやき。

先日買いを仕込んだ銘柄が節目を抜けるか観察していたが、出来高が少なく勢いが弱いので、少しだけでも利益が出ている時点で売り抜くことにした。大引け後にチャートを確認したら利確した時よりも下落。決算も近いようなのでしばらくは観察のみの方針。

そもそも、一年前には「自分が株式投資をがっつりやるようになる」なんて思ってもいなかったもんなぁ。一冊の本がきっかけでセミナーに通ったりちょこちょこ勉強したり、市況のニュースに関心を持つようになったり、儲かるとかとは別に、見える世界が変わったことだけは確かだ。

一年前には、まさか自分が「吉野家でアタマの大盛りを食べながらチャートを観察する」なんておっさんのような真似をするようになるとは思いもよらなかったf(^_^;

株合宿での擬似トレード、思いっきり泥をかぶったけど、あるサインに早い段階で気づけたというのは大きな収穫である。できてないこともいっぱいあるけど、できてるところもあるということは、それだけでも大きなパワーになるのだ。

擬似トレードとチャート研究のために決断したPCの買い増し。今回の株合宿でかなり役に立った。やはり、物事で大事なのは「決断すること」である。

株合宿、ホントにアタマがぱっつんぱっつんになるくらいに知識がインストールされた感があった。まともに実践できるように勉強を続けようっと。

株合宿2日目終了。擬似トレードは思いっきり泥をかぶって終了:(;゙゚'ω゚'):悔しいので解説を見直しながらもっかい復習。「わかる」と「できる」は本当に全然違うものなのだと実感。ポイントをきちんと絞って、うちでも練習しようと心に固く誓ったのであった。

こないだ買った東証アローズお土産のスポーツタオルが、セミナー受講中、冷房対策の膝掛けとして非常に優秀だった件。

株合宿1日目。いくつかの銘柄をじっくりと観察、考察してたら頭から煙出そうになった。実際出てたかもしんない。

トレードしてて、ある程度のトレンドラインの予測を立てた上で、さらに利確と損切りのポイントも決めておいてあとは放置と心で決めていますが、どっちに動くかなぁ(´・ω・`)?

【株式投資初心者あるある】(初心者とは限らないかもだけど)買いを仕込んだ銘柄が陰線をつけて値下がりした時、「泣きそうになりながら耐える」コマンドが発動。じっと我慢の子であった(;つД`)

【株式投資初心者あるある】順張りしたつもりが逆張りになってしまう件(´д`|||)

@tanto_net 「選ばれし伝説の勇者」的な「億り人」を目指してます(爆笑)!!